派遣社員が有給休暇を取得するための条件

派遣社員というと、どうしても正社員に比べると色々と待遇が悪いイメージがあります。
そのうちのひとつに有給休暇がもらえないというように考えている人も多いと思いますが、派遣社員だろうがアルバイトだろうが、有給休暇は発生します。
ただし有給休暇を取得するための条件もあるのでみていきましょう。

 

6ヶ月以上継続して勤務しなければならない

 

これは正社員でも同じことなのですが、入社してすぐに有給休暇がもらえるということはありません。
まずは6ヶ月間連続して勤務をしないとならないのです。
しかし正社員の場合は同じ会社に連続して勤務する必要がありますが、派遣社員の場合は「籍をおいている派遣会社」に連続して在籍していればいいわけで、ひとつの会社で3ヵ月働き、続けて違う会社で3ヵ月働いた、というような場合でも6ヶ月連続勤務に含まれることになります。
そこまで勤務できれば、7ヶ月目に有給休暇が取得できるようになります。

 

空白の勤務期間があると連続勤務にならない

 

派遣社員の方が一番気をつけなければならないのが、ひとつの会社の契約が終わって次の会社で働くまでの間の空白期間です。
前の会社の契約終了後、すぐに次の会社で働き始めればそれは連続勤務とみなされるのですが、その間が30日あいてしまうと連続勤務とみなされなくなってしまいます。
もしも30日あいてしまうと、また一からやり直しという形になってしまうので注意しましょう。

 

まずは派遣会社に詳しく聞いてみる

 

今まで有給休暇をとれないと思っていたけれど、実は自分もすでに有給休暇がとれるくらいの期間働いていた、となった時に、自分がどれだけの有給休暇を持っているかちゃんと把握できる人は少ないと思います。
そういった場合は自分の所属する派遣会社にきちんと問い合わせることが必要です。
有給休暇があったとしてもこちらから聞かなければ、わざわざ会社側は「有給休暇が何日残ってますと」などとは教えてくれません。
しかし問い合わせればきちんと答えてくれるはずなので、自分の有給休暇の日数やその使い方などは一度きちんと聞いておきましょう。

ジョブセンス派遣

派遣社員の有給休暇取得について/ジョブセンス派遣評判ナビ関連ページ

派遣会社の特徴
派遣会社の研修制度
派遣会社の複数登録
人気の短期派遣

このページの先頭へ戻る